レンタルサーバー

2020/09/18

レンタルサーバー選び

先ずは 検索

「レンタルサーバー 初心者 おすすめ」などのキーワードで検索してみます。(検索結果表示
サーバー会社の広告とレンタルサーバーの比較を題材にしたブログ記事が出てきます。
こういった記事の中で紹介されているサーバーの中から 選択していくことになります。

ブログ記事も「広告」

ここで注意しておきたいのは、ブログ記事もアフィリエイトと呼ばれる広告の一形態であるということです。
アフィリエイトに力を入れている(お金をかけている)レンタルサーバーが多くのブログで紹介されるということになります。

そういったブログが 実際にはどこのサーバーを使っているのかを調べる方法があります。
Netcraft Site Report
調べたいブログのURLをコピぺして Lookup と書かれたボタンを押すだけです。
検索結果の画面が表示されたら 少し下のほうにスクロールすると サーバー名が書かれています。
記事で「おすすめ」しているサーバーと異なるサーバーを使用しているブログもあるようです。
Netcraft Site Report 使い方(検索結果表示)

日本でのサーバーのマーケットシェアは
hostadvice.com
で見ることができます。

ブログ(サーバー)の速度も調べることができます。
PageSpeed Insights
これも コピペしてボタンを押下するだけです。このページはこれから先も 自身のブログのチェックに使用することになります。使い方を覚えておいたほうがよさそうです。
PageSpeed Insights 使い方(検索結果表示)

実際に使ってみる

お試し期間をフルに利用する。

一週間から10日程度の「無料お試し」期間が設定されている場合が多いです。
お試しと言っても ほぼ全ての機能が使えます。もちろん、独自ドメインを設定できますし、WordPressのインストールも可能です。サポートも受けられます。活用しない手はありません。
勉強も兼ねて 作業を進めましょう。
お試し期間で 作業がうまく進まなかったら もう一回「お試し」すればいいだけです。それでもダメなら そのサーバーは良くない(相性が悪い)と判断していいのではないでしょうか。

実際に行う作業

  • サーバーの契約(仮)
  • 独自ドメインの設定(サーバーと独自ドメインを関連づける)
  • 設定したドメインのSSL化
  • WordPressのインストール

ここから先はWordPress上での作業になります。サーバー会社のサポートを受けられるのはせいぜいここまでです。WordPressの操作に関しては サポート対象外。

  • WordPressの初期設定
  • 必要最低限のプラグインのインストールと有効化
  • 取り敢えず12件ほど 投稿する。(ブログを書く)

いきなり?
って思われるかもしれませんが、見た目がどうなるか確認するためには ブログのデータを入力しないと確認のしようがありません。ブログの投稿の仕方、エディタの使い方は 必ず必要なスキルです。ここで ある程度 覚えてしまいましょう。入力内容は ただの文字列で構いません。文字の量は ある程度調整して下さい。
見出し、段落、リスト、画像、リンクなど今後使いそうな機能もここで使ってみましょう。
各投稿に画像を入れておくと 後で見た目を確認するのに便利です。

  • 一覧ページ 投稿ページを確認する
  • 足りないものがあれば 投稿に追加する

一覧ページ 投稿ページが それらしく見えるようになりました?

  • テーマを変更してみる

最初からインストールされているテーマが複数あるので別のものに変更してみましょう。変更する前にスクリーンショットを撮っておくと違いが良くわかります。

  • 他のテーマに変更してみる
  • 「wordpress テーマ 無料」で検索してみましょう。(検索結果表示)

「無料」と入れたのは まだ 「お試し」だからです。
このブログは 「出来るだけお金をかけない」方針なので 無料のテーマを選択しています。

  • luxeritas で 検索してみる

おそらくこのテーマの作者さんのページが上位に来ています。インストールの方法も作者さんのサイトにあります。そこに書いてある通りにすれば おそらく問題なく インストールできます。
インストールして有効化すると、見た目は このページのようになります。

「お試し」期間にこの辺りまで 無事に進めば 問題ないでしょう。
今お使いのサーバーを選択しても OK です。

未分類

Posted by Marcha