五十代後半にして WordPress を使って ブログをはじめました。

2020/09/18

随分前から ブログをやってみたいと思っていたのですが、やりかけては中断したり 挫折したりで 結局は続きませんでした。
このブログを置いてあるサーバーは半年前に契約したもので、ドメインは所有して一年半になります。ようやく日の目を見る状況です。

五十の手習い という言葉が 意味するものは?

年齢を重ねても 新しいことに挑戦する(Never too late to start)という 前向きな意味もあります。
自虐的にこの言葉を使用するときは 「大したことはできませんが…」と 否定的な意味を持ちます。
若い人たちが 将来を見据えて何かを始める のとは わけが違います。手を広げて 何もかもやろうとすると どう考えても時間が足りませんし、学習能力も年齢とともに 落ちています。
だから 自分なりの計画を立てる必要があります。

「手抜き五十」でいきます

計画といっても wordpressでブログを書くことを 十分理解しているわけではないので きわめて 大雑把な計画です。
やること(やらねばならぬこと)と やらないこと(やらなくても良いこと 後回しにすること)を分別して 記事を書くことを最優先にします。

やること

  • ドメインを取る
  • サーバーを借りて設定し、Wordpressを使える状態にする。
  • テーマを利用し、最低限の設定を済ませる。
  • 記事を書く
  • 画像を出来るだけ自分で用意する。
  • バックアップと復元を、ちゃんと出来るようにする。
  • 記事がある程度書けたら、管理画面から操作できる範囲で 見た目を自分の好みにする。
  • Google関連(Analystics,Serch Console,Adsens)
  • アフィリエイトの登録

やらないこと

  • HTML,CSS,PHPなどの勉強(最低限にする)。
  • SEO,高速化などは、テーマ(Luxeritasの予定)に任せる。
  • 当面の間、見た目には拘らない。
  • 検索にあまり時間をかけない。

五十の開き直り

格好悪くてもいいやん

初期の設定が済んだら 見た目にあまりこだわらず 記事を書きたいと思います。

拙速を旨とすべし。

未分類

Posted by Marcha